study03_20130330

iMISCA第3回研究会

医療情報安全管理監査の実践のために

 医療情報システムを運用する医療機関等は、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」を遵守することが求められています。ガイドラインでは、安全管理の維持・向上のため運用状況を定期的に確認し、問題があれば随時改善して行く監査の実施を強く求めています。
 しかし、未だ医療分野では、安全管理のための監査が実施されていない現状があります。これは監査の重要性が理解されていないこと、また、具体的な実施方法が分からないことが原因と考えられます。そこで、法律的側面、及び医療情報の安全管理からみた監査の必要性と意義を考えるとともに、できるだけ簡便かつ有効な内部監査手法の研究のため、監査を実践している医療関係者から監査の実践手法等を紹介いただき、続くパネルディスカッションにおいて医療情報の安全管理監査実践のための議論を一層深めて行きたいと存じます。


  • 日時:2013年3月30日(土)13時~17時
  • 会場:キャンパスプラザ京都 4F 第3講義室
     〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る
  • 配付資料:「医療情報の安全管理のための内部監査実践ガイド」他
  • 参加費(税込み):iMISCA会員(2000円)、一般(4000円)
    • 参加料は1名あたりの料金です。当日受付にてお支払い下さい。
  • ポイント:
    • MISCA補更新ポイント・2ポイント
    • 医療情報技師更新ポイント・1ポイント
  • プログラム:
    • 基調講演:法律的側面から見た内部監査の必要性・中安一幸(厚生労働省)
    • 1.医療情報安全管理監査とは・相澤直行(iMISCA)
    • 2.PREMISs受審により病院の安全管理はどう変化したか・藤本智裕(市立池
      田病院)
    • 3.公認医療情報システム監査人による相互監査の試み・佐々木啓充(市立豊
      中病院)
    • 4.医療情報システムの内部監査の実践事例 真鍋史朗(大阪大学大学院)
    • パネルディスカッション・座長:中安一幸(厚生労働省)
  • ※ポイントを申請される方は、必ず認定証番号を入力するとともに、受付メール(以下の内容を送信すると自動返信されます)をプリントしてご持参下さい(当日受付にて受講印を押下します)。
  • 申込:以下のフォームに必要事項を入力の上、3月28日(木)までにお申込下さい。
    • 定員(100人)になり次第、参加登録は終了させていただきます。
  • 当日の資料のみをご希望の方へ
    • 日程の関係で出席できないが資料のみご希望の方は、参加費と同額(送料込み)で当日の資料一式を研究会終了後送付します。ご希望の方は、以下のフォームに必要事項を入力の上、資料のみ希望の旨を備考欄にご記入下さい。追って、振込先、送付先等の確認メールを送信させていただきます。

必須入力項目

参加種別
会員番号
会員の方は数字4桁の会員番号を"1234"のように半角数字で入力願います
お名前*
姓名は別々に入力願います
カナ氏名*
”イリョウ タロウ”のように全角カナで入力願います。
勤務先*
e-mail*


※確認のためもう一度入力してください
MISCA補認定番号
ポイント申請に必要ですので認定番号を入力願います。入力例(半角数字)"9999A"
医療情報技師認定番号
医療情報技師の方は、ポイント申請に必要ですので8桁の認定番号を入力願います。入力例(半角数字)"20039999"
送付先住所
資料のみ希望の方は、送付先の郵便番号、住所を入力願います。
送付先Tel
資料のみ希望の方は、"03-5805-8207"のように電話番号を半角英数字で入力願います。
通信欄
事務局へのメッセージがありましたらご利用下さい
個人情報保護
送信するには、下記のプライバシーポリシーへの同意が必要です

プライバシーポリシー

  • 1.個人情報の利用目的
    • 研究会参加のための事務手続きのため
  • 2.上記、利用目的に同意をいただけなかった場合は、参加できません。
  • 3.個人情報を第三者に開示・提供・委託することはありません。
  • 4.個人情報の開示・訂正・削除については、問い合わせフォームで相談下さい。

*ブラウザの戻るボタンを使うと入力情報が消去されてしまいます。修正する場合は画面下の「戻る」ボタンを利用下さい。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional