study08_20151101

第8回iMISCA研究会

第35回医療情報学連合大会チュートリアル

ICTを利用した地域包括ケアシステムを安全・安心に運用するには

 患者情報を医療介護関係従事者間で共有することにより、適切かつ効率的な地域包括ケアを実現することは、ICTの活用なしには成し得ません。しかし、ICTの導入はプライバシーの侵害リスクと裏腹で、安全管理なしには両立しないことは言うまでもありません。
 当協会では、2011年の設立以来、医療情報システム監査人の育成、安全管理ツールの提供(チェックリスト、教育冊子等)並びに、毎年2回の研究会(JAMI学術大会、連合大会でのチュートリアル)などを通じて、医療・介護情報の安全管理の重要性を折々に啓発してきたところです。
 今回は、従来の啓発段階から一歩前に踏み出し、実践段階へと進みます。ICTによる地域包括ケアシステムの安全・安心のための具体的な教育・監査の実例を紹介し、その方法の妥当性を検証するとともに、普及のための実戦的安全管理策を提案する場とします。


  • 日時:2015年11月1日(日)15:50~17:50
  • 場所:沖縄コンベンションセンター B会場/会議場A1(500)
  • 配付資料:ハンドアウト
  • 会費:2000円(iMISCA賛助会員、正会員は無料)、3000円(医療情報学会会員/その他)
    • 資料代は当日受付にてお支払い下さい。
  • 申込:以下のフォームに必要事項を入力の上、10月23日(金)までにお申込下さい。
  • チュートリアルの日程は、去年までは大会前日扱いでしたが、今年は大会1日目になりました。従いまして大会参加登録していない人の入場は認められなくなりました。お詫びの上訂正します。(2015/10/7訂正)
  • 主催:一般社団法人医療情報安全管理監査人協会(iMISCA)
  • 講演:16:00~17:00
    • 15:50~15:55 ご挨拶 佐野弘子(iMISCA)
    • 15:55~16:15「総務省が考える地域包括ケアシステムと施策」吉田宏平(総務省情報流通行政局)
    • 16:15~16:35「ゆけむり医療ネットの取り組みについて」田能村祐一(一般社団法人別府市医師会)
    • 16:35~16:50「Net4Uと安全管理」鈴木哲(株式会社ストローハット)
  • パネルディスカッション:16:50~17:50
    • 吉田宏平(総務省情報流通行政局)座長
    • 伊藤勝陽(NPO法人天かける)
    • 伊藤龍史((株) エスイーシー)
    • 佐野弘子(iMISCA)
    • 鈴木 哲((株)ストローハット)
    • 田能村祐一(一般社団法人別府市医師会)
    • 森田嘉昭(富士通(株))
  • ポイント:
    • MISCA補更新ポイント・4ポイント
      • MISCA補のポイントを申請される方は、必ず認定証番号を入力するとともに、受付メール(以下の内容を送信すると自動返信されます)をプリントしてご持参下さい(当日受付にて確認印を押下します)。更新申請にご利用願います。
    • 医療情報技師更新ポイント・1ポイント(予定)
      • 医療情報技師のポイントを申請される方は、必ず認定証番号を入力してください。協会より一括してポイント申請します(カード読取は行いません)。受付メール(以下の内容を送信すると自動返信されます)をプリントしてご持参下さい(当日受付にて確認印を押下します)。控えとして保持願います。

必須入力項目

参加種別
会員割引適用は、当該年度の年会費納付済みが条件です。
iMISCA会員番号
iMISCA会員の方は数字4桁の会員番号を"1234"のように半角数字で入力願います
お名前*
姓名は別々に入力願います
カナ氏名*
”イリョウ タロウ”のように全角カナで入力願います。
勤務先*
e-mail*


※確認のためもう一度入力してください
医療情報技師認定番号
医療情報技師の方は、ポイント申請に必要ですので8桁の認定番号を入力願います。入力例(半角数字)"20039999"
通信欄
事務局へのメッセージがありましたらご利用下さい
個人情報保護
送信するには、下記のプライバシーポリシーへの同意が必要です

地域包括ケアシステム安全管理アンケート調査への協力願い

  • 本アンケート調査は、2015年11月1日(日)に沖縄で開催予定の第8回iMISCA研究会(第35回医療情報学連合大会チュートリアル)におけるパネルディスカッションのテーマである、ICTを利用した地域包括ケアシステムを安全・安心に運用するには、どのような視点が必要なのかを考える基礎資料とするための調査です。ご協力お願いいたします。
    アンケートフォームへ

プライバシーポリシー

  • 1.個人情報の利用目的
    • 研究会参加のための事務手続きのため
  • 2.上記、利用目的に同意をいただけなかった場合は、参加できません。
  • 3.個人情報を第三者に開示・提供・委託することはありません。
  • 4.個人情報の開示・訂正・削除については、問い合わせフォームで相談下さい。

*ブラウザの戻るボタンを使うと入力情報が消去されてしまいます。修正する場合は画面下の「戻る」ボタンを利用下さい。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional