study15_20191121

第15回iMISCA研究会

第39回医療情報学連合大会チュートリアル

医療情報システムの監査はどうあるべきか

 近年、医療情報システムを囲む環境が変わりつつある。地域医療連携により、一人の患者に対して地域の医療機関が相互に連携する「病診連携」「病病連携」等で切れ目のない医療が提供されている。医療情報の安全な利活用の基盤を構築するための次世代医療基盤法が施行され、また、オンライン診療の適切な実施に関する指針が公表されるなど、安全で安心できる医療情報基盤の利用への要求が高まっている。
 医療機関においては、このような医療情報システムを取り囲む環境変化に伴い、情報・通信システムでの医療情報の適切な取り扱いや、患者や医療者等の関係にも配慮が求められる。
 当協会が病院を対象としてシステム監査に関するアンケート調査を実施したところ、監査の仕方が分からない、実施したが不安があるなどの感想が寄せられた。
 本チュートリアルでは、このような状況を踏まえ、まずどのような環境変化が生じつつあるかを、概説する。続けて、医療の現場で医療情報システムが安全に管理運営されていることを確認する監査のあり方は、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」が基本である事を解説し、実際の医療情報システム監査の実例を、監査の体制作りから監査の実際、フォローアップなどを含め紹介する。-----

  • 日時:2019年11月21日(木)13:00~14:30
  • 場所:F会場(幕張メッセ国際会議場 3階・会議室302)
  • 参加者への配付資料:ハンドアウト
  • 参加費(ハンドアウト代)
    参加頂く場合、大会参加登録された方であっても以下のハンドアウトの代金を頂きますので、ご了解下さい。
    • iMISCA正会員:無料
    • iMISCA賛助会員:2000円
    • その他:3000円(iMISCA会員以外の大会参加登録者/その他)
    • 資料代は当日受付にてお支払い下さい。
  • 申込:以下のフォームに必要事項を入力の上、11月17日(日)までにお申込下さい。
  • 主催:一般社団法人医療情報安全管理監査人協会(iMISCA)
  • 講演:13:00~14:30
    • 座長:野津 勤(一般社団法人医療情報安全管理監査人協会)
    • 演者1:野津 勤(一般社団法人医療情報安全管理監査人協会)
    • 演者2:真鍋 史朗(大阪大学大学院医学系研究科)
  • ポイント:
    • MISCA補更新ポイント・4ポイント
      • MISCA補のポイントを申請される方は、必ず認定証番号を入力するとともに、受付メール(以下の内容を送信すると自動返信されます)をプリントしてご持参下さい(当日受付にて確認印を押下します)。更新申請にご利用願います。
    • 医療情報技師更新ポイント・1ポイント
      • 医療情報技師のポイントを申請される方は、必ず認定証番号を入力してください。協会より一括してポイント申請します(カード読取は行いません)。受付メール(以下の内容を送信すると自動返信されます)をプリントしてご持参下さい(当日受付にて確認印を押下します)。控えとして保持願います。

必須入力項目

参加種別
会員割引適用は、当該年度の年会費納付済みが条件です。
iMISCA会員番号
iMISCA会員の方は数字4桁の会員番号を"1234"のように半角数字で入力願います
お名前*
姓名は別々に入力願います
カナ氏名*
”イリョウ タロウ”のように全角カナで入力願います。
勤務先*
e-mail*


※確認のためもう一度入力してください
医療情報技師認定番号
医療情報技師の方は、ポイント申請に必要ですので8桁の認定番号を入力願います。入力例(半角数字)"20039999"
通信欄
事務局へのメッセージがありましたらご利用下さい
個人情報保護
送信するには、下記のプライバシーポリシーへの同意が必要です

プライバシーポリシー

  • 1.個人情報の利用目的
    • 研究会参加のための事務手続きのため
  • 2.上記、利用目的に同意をいただけなかった場合は、参加できません。
  • 3.個人情報を第三者に開示・提供・委託することはありません。
  • 4.個人情報の開示・訂正・削除については、問い合わせフォームで相談下さい。

*ブラウザの戻るボタンを使うと入力情報が消去されてしまいます。修正する場合は画面下の「戻る」ボタンを利用下さい。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional